banner

通信制高校の選び方、注意点

通信制高校にも私立の学校と公立の学校があります。
私立の通信制高校と公立の通信制高校には当然違いがあります。
それはまず大きな面では費用面です。

通信制高校は単位制となっており、卒業までに74単位以上が必要となりますが、その1単位の費用がまず違います。

公立高校は180円から1200円ほどですが、私立高校では1単位5000円からのところが多く、単純計算で単位だけで公立は最大でも卒業までに88800円(実際にはもっと安い)に対して私立高校は安くても370000円がかかってしまう計算になります。

そしてその他にも入学金や教材費、教育運営費などさまざまなお金が加算されます。
それもやはり私立の方がかなり高めであることを想定して決めましょう。

しかし、ただ高いだけではなく、私立が高いのには理由があります。
たとえばインターネットを活用した授業を受けることができてスクーリングがかなり少ないといった場合や、サポート校の設置が豊富であること、そして体験学習などが取り入れられたりなど公立ではなかなか受けられないようなサポート体制や授業があります。

ですから、費用の面と、やりたいこと、やってみたいことなどを考えたうえで公立と私立を比べる必要があります。

そしてどちらにも実際に足を運んでみることが大切です。
公立の場合はスクーリングの回数も多いので、学校の雰囲気も重要ですよね。
私立の場合はスクーリングが多いところと、レポートが多いところ、自分の好きなことがやれるところや、スクーリングはかなり少ないがインターネット授業などがあるところなどホームページなどで情報を確認をして実際に足を運んでみてください。
インターネットの画面だけではその雰囲気がどんな雰囲気なのかなかなかつかめません。
通信制といってもさまざまな特色があるので、まずは情報を集めて実際に行ってみることをオススメします。

通信制高校を選ぶときに、公立か私立かを選ぶには、自分のやりたいことがその学校でできるのか、その先の進路はどのような進路を希望しているかを考慮し、選択することが大切です。

what's new

!-- コピーライト -->
Copyright(C)2013 お見合いの大切なこと All Rights Reserved.